ヘッダー画像

当院のインプラント

当院のインプラント|品川区不動前駅近くの歯医者 LOTUS DENTAL CLINIC

LOTUS DENTALCLINICで
施術可能な術式

近年ではインプラント材料の進化や技術の進化により、インプラントの適応症が拡大し、治療精度も向上しています。当院では、最新の術式を広く取り入れ、患者様にとってベストとなるインプラント治療術式の提案をしています。

3D埋入シミュレーション

インプラントの3D埋入シミュレーション

最新の高性能CTと、3Dインプラントシミュレーションソフトによって、インプラント埋入ポジションの正確なシミュレーションが可能となっています。理想的な被せ物の位置から理想的な埋入位置を逆算することで、最適なポジションに埋入する計画を立てることができます。その際に、骨が足りない部位に関しては同時に骨再生治療のプランニングも可能となります。また、顎骨の3次元的形態を正確に診断することができるため、インプラント外科で注意をしないといけない上顎洞の形や、骨質、骨量、神経の位置も把握することができます。それにより、埋入するインプラントの幅や長さ種類を正しく選択することができ、またインプラントが上顎洞に突き抜けてしまったり、神経を傷つけたりするリスクを避けることにつながります。

ガイドサージェリー

インプラント手術用のサージカルガイド

3Dインプラントシミュレーションソフトによって理想的なインプラント埋入位置を決定した後は、その通りに埋入するための手術用のサージカルガイドを製作します。サージカルガイドを使って行う手術を、ガイドサージェリーと言います。ガイドを使用してインプラントを埋入することで、シミュレーション通りのポジションにインプラント埋入することができます。特に、複数本のインプラントを同時埋入する場合は、極めて埋入位置の正確性が問われるケースにおいて効果を発揮します。それぞれのケースによってカスタムメイドでサージカルガイドを製作します。

抜歯即時インプラント

通常のインプラントは、抜歯後に2~3ヶ月の骨治癒の期間を経て埋入しますが、骨の条件が良い場合は、歯を抜歯した同日にインプラントを埋入することができます。同時に埋入ができるケースは治療期間が短縮され、手術回数も減るというメリットがあります。この術式は、抜歯と同時にインプラントを埋入するため、抜歯後の骨の吸収も計算した高いレベルの診断力と技術力が必要になります。比較的前歯部において適応例の多い術式です。

GBR(骨増大・骨再生)

インプラント施術前のGBR

歯を失うと、その歯のまわりの骨のボリュームは減少します。特に、歯周病や破折で歯を失ってしまう場合は、顎骨内に炎症が広がっていたり、感染が広がっていることが多く、抜歯後の骨の吸収量が著しい場合があります。ほとんど骨が無いケースもあります。骨が足りないと、インプラントが埋入できなかったり、埋入できても見た目が悪くなってしまったりします。GBRは、自分の骨を用いたり、再生を誘導する人工材料・生体材料を用いて失った骨を再生させる術式です。水平的に幅を広げる術式もあれば、垂直的に高さを上げる術式もあります。難しいケースですと、水平的にも垂直的にも広範囲で骨再生しなければいけないケースもあります。当院では、骨再建・骨再生の術式を習熟しているため、他院で難しいと言われたケースであっても、再建できる可能性があります。

サイナスリフト

歯医者によるサイナスリフト

サイナスリフトは上顎洞内に骨移植をして骨を作る方法です。上顎の中には、上顎洞(副鼻腔)という空洞があります。上顎洞は鼻とつながっているため、この領域にインプラントを露出させることはできません。一般的には奥歯の位置で上顎骨の厚みが足りないことが多く、その場合には、上顎洞の底を持ち上げて、そのスペースに骨を移植し、骨造成を行います。ケースによってサイナスリフトの術式は変わり、術後症状の程度も異なりますが、可能な限り侵襲性が少なく、確実な術式を選択しています。

インプラント周囲炎の治療

インプラントも天然の歯と同様に、歯周病菌が感染して広がってしまうと、歯周病になります。インプラントの歯周病のことをインプラント周囲炎と言います。細菌がインプラントの被せ物の周囲に付着し、周囲の歯茎に炎症を引き起こしている場合は、ポケット内の清掃と洗浄を行います。周囲の歯茎の炎症が長期間続くと、インプラント周囲の骨が吸収していきます。骨の吸収が比較的小さい領域にとどまっている場合は、手術を行いインプラント周囲にこびりついた細菌や汚れを取り除き、場合によっては骨を再生させる術式を行います。感染が広範囲に進んでしまい、インプラントの保存が困難な場合は、インプラントを撤去することがあります。その場合は、骨の治癒を待った後に、再度インプラント手術を新しく行います。

オールオンフォー All on 4

歯医者で行うインプラント周囲炎の治療インプラントで全ての歯を作るオールオンフォー

重度歯周病などで全ての歯を抜かなければならない症例や、全額的にインプラント治療が必要な症例において、4本の最小限の数のインプラントで全ての歯を作る治療方法です。インプラントの埋入から、歯の製作まで手術当日に終了するので、治療期間が大幅に改善されます。少ない本数のインプラントで治療期間を短くしたい方が適応になります。

インプラント

オーバーデンチャー

インプラントのオーバーデンチャー

入れ歯が食事中や会話中に動いてしまったり、噛みづらい、違和感がある方に最適な方法です。入れ歯に対して、固定用のインプラントを2~4本埋入することによって、入れ歯の大きさを小さくし、また外れづらく噛みやすくする方法です。入れ歯はご自信で取り外しが可能なので、衛生管理もしやすくより快適な入れ歯になります。費用は他の治療に比べ、抑えられます。予算が心配な方はぜひご相談ください。

適応

  • 現在入れ歯を使っていて入れ歯が動いてしまうことに困っている方
  • 全体的に歯が少ないが、費用を抑えたインプラント治療を希望される方

西五反田の歯医者 LOTUS DENTAL CLINIC院長ごあいさつ

私は小さい頃から生き物や人体が大好きで、大きくなったら医療人になりたいと思っていました。歯科医師を目指した理由は、歯科医療は医療行為の中でもマイナスの状態をゼロにするだけではなく、プラスにすることができると感じたからです。歯科医師になってからは、歯周組織のダイナミックな変化や、組織学的、細胞学的な面白さに強く惹かれ、東京医科歯科大学歯周病学分野に入局しました。歯周病の基本治療から、再生療法や歯周形成外科などの歯周専門治療までを広く行い、多くの患者様と向き合ってきました。

医局を退局して以降は都内のインプラント専門クリニックにて院長として勤務し、インプラント治療を数多く経験しました。大規模な骨再建が必要な難症例や、全顎的なインプラント治療、全身管理も含めて総合的に体得しました。毎日のようにインプラント治療を行い、骨再生治療と向き合う日々でした。その後、都内の歯周病専門クリニックで勤務をし、全国から集まる重度歯周病患者に対し、全顎的歯周治療や再建治療を含めた高度先進歯科治療を日々行いました。

地域の患者様に対し、質の高い治療を行うことを第一の目標とし、それに加えて専門治療を求められ遠方から来られる患者様に対しても最適な場を提供したいと考えております。当院が、少しでも皆様の健康に寄与できることを願っています。

 

歯医者にインプラントの相談をするなら不動前駅近くのLOTUS DENTAL CLINIC 不動前へ

品川区不動前駅近くの歯医者に、インプラントの手術について相談したい方はLOTUS DENTAL CLINIC 不動前にいらしてください。
当院は、最新のインプラント治療を提供する歯医者として、不動前駅近くの方々を中心にご利用いただいております。

インプラント治療は様々な治療方法があるため、ニーズに合わせて選択することが可能です。
例えば、費用を抑えたい場合は、「オーバーデンチャー」と呼ばれる治療方法が適しています。
オーバーデンチャーは、ご自身で入れ歯を取り外しできるのが特徴です。
他の治療方法よりも、費用を抑えつつ治療ができます。

「前歯にインプラントを考えている」「治療期間を短くしたい」など、ご要望は何でもお伝えください。
丁寧にお話を伺った上で、最適な治療方法をご提案します。

pagetop